SSLPraivateProxyをFirefoxのコンテナに設定する方法

Twitterアフィををするために、PraivateProxyを契約したけど使いかたが分からない、という方向けの記事です。

こちらの記事は

  • SSLPraivateProxyを契約済み
  • Firefoxでコンテナを作成済み

であることを前提として書かれています。

(上記2つ手順については別記事にて公開予定)

設定自体は簡単ですので、悩んでいる方はすぐに使えるようになるかと思います。

SSLPraivateProxyのAuth設定

PraivateProxyの契約をしたら、ログインをして右のサイドメニューからMy Proxiesを開きます。

proxyは状態がActiveになるまで使えません。
PendingからActiveになるまで数時間かかりますので待ちましょう。

購入したプロキシ一覧が表示されているかと思いますが、SSLPraivateProxyは契約しただけでは使えません。

初回に出る警告メッセージ(英語)の通り、認証設定をおこなう必要があります。

Auth設定手順

Auth設定の手順は下記の通り

①Authタブを開きます

②Password Authenticationを選択します。

③好きなPasswordを設定します。(Usernameは変更できません)

④I Save Settingsのボタンをクリック

以上になります。

ユーザー名・パスワードは、すべてのプロキシで共通となります。

Firefoxにプロキシの設定

Firefoxでコンテナごとにプロキシを設定するには「Container proxy」アドオンを導入します。

Container proxy

導入したらFirefoxの拡張機能からContainer proxyの設定画面を開きます。

左のメニューからProxiesをクリックして、画面が変わったら右側の+ボタンをクリックします。

Title
適当でよい。分かりやすくプロキシ001とか。

Protocol
httpを選択

Server
SSLPraivateProxyのMy Proxiesタブ画面からProxy IPの値を入力

Port
SSLPraivateProxyのMy Proxiesタブ画面からPortの値を入力

Username
SSLPraivateProxyのAuthタブ画面からusernameの値を入力

Password
SSLPraivateProxyのAuthタブ画面で設定したパスワードを入力

Do not proxy local addresses
チェックを入れたままでOK

Saveボタンをクリックして完了。

契約したプロキシの数だけ繰り返し登録をおこないます。

すべてのプロキシの登録が完了したらAssign画面に戻り、それぞれのコンテナにプロキシを割り当てて終わりです。

IPアドレスの確認

Firefoxでプロキシを割り当てたコンテナを開き、IPアドレスが適用されているか確認します。

現在使用中のIPアドレスを調べられるサイトがあるのでそれを活用しましょう。

IPアドレス確認サイト

表示されるIPがプロキシで設定されたものになっていればOKです。

これでfirefoxのコンテナごとに、SSLPrivateProxyで購入したIPを使うことができるようになりました。

コメント