ハッピーメールの社長釈放!起訴猶予って??

先日逮捕されたハピメの社長さんが釈放されましたね(´・ω・`)

産経ニュース
出会い系「ハッピーメール」元社長ら起訴猶予 売春伏せ字「反省している」

不起訴になった理由は

不起訴処分(起訴猶予)とした。地検は理由を「幇助の範囲が狭く、反省している」

とのことです。

なんやかんやで予想通りというかなんというか不起訴になりました。

不起訴ですので罰則はありませんし、いわゆる前科というものも付きません。
何事もなかったかのように扱われます。
まぁニュースになってしまったので何事もなかったとはいえないのですが。。。

ちなみに不起訴には3種類あります。

・嫌疑なし
捜査の結果、疑いが晴れた場合

・嫌疑不十分
捜査の結果、疑いは晴れないが有罪にするのが難儀な場合

・起訴猶予
有罪と証明できるものはあるが、犯罪も軽く反省している場合など

嫌疑なし・嫌疑不十分は無実の罪で捕まったケースも考えられます。
しかし起訴猶予は罪はあるけど罰するほどではないっていうケースですね。

ハピメの社長さんはこれに当たります。
まぁ本人認めてますし、ログも残ってますから嫌疑なしや不十分ではないですね。
「伏せ時にすれば問題ないと思った」と言って事実を認めています。

悪質性もないし不起訴になるであろうとは思っていました(`・ω・´)
むしろ逮捕されたほうが驚きなわけでして・・・

おそらく見せしめ的な逮捕だったとは思うのですが真意は不明。

伏せ時にしても援交と判別できる内容がアウトだったわけですが、
そうなってくると今後「条件あり」や「お願いあり」などの隠語も摘発対象となってしまうのかもしれません(´・ω・`)

拡散キボンヌ(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です