風俗・出会い系・ナンパ、一番コスパ良くセックスできるのは?

「エッチはしたいけれど出来るだけお金はかけたくない!!」
男性なら誰でも考えたことがあるのではないでしょうか??

彼女や奥さんとエッチが出来る環境でしたらそれが一番です。
しかし、彼女も奥さんもいない、またはいるけれども満足できない、そんな状況の場合は頭を悩ませることが多いと思います。

どうしたらお金をかけずにエッチできるか?


では女の子とエッチできる方法を考えてみましょう。
大きく分けると3つの方法が挙げられます。

1.風俗
2.出会い系
3.ナンパ


まずはそれぞれの方法のメリット・デメリットを見てみましょう。


メリット・デメリット


風俗

■メリット
確実にエッチできる
すぐにエッチできる
顔を見て女の子を選べる

■デメリット
毎回お金がかかる
制限時間がある


出会い系

■メリット
セフレに発展しやすい
自分のルックス左右されにくい
無駄なデートを重ねる必要がない

■デメリット
会うまでに時間が掛かる
ハズレを引く可能性がある
ポイント料金がかかる


ナンパ

■メリット
相手を選べる
初期投資ゼロ

■デメリット
ルックスとトーク力が大事
デート代などお金がかさむ
失敗も多くメンタル的にキツい



コスパ


次にCPSを見てみます。
CPS(コストパーセックス)とは、1回のセックスまでにかける費用のことです。
最近ネットで良く見かけるようになった言葉ですが流行っているかどうかは不明・・・(´・ω・`)


風俗

・ソープ代:平均30,000円

安い店だと18,000くらい、高級店だと60,000円以上します。
最近では安価な店も多く平均すると30,000円前後になります。


出会い系

・ポイント代:3,000円
・ホテル代:5,000円

実体験として3,000円分くらいポイントを購入するとだいたい一人とエッチできます。
個人差もありますので、3,000円もかけないで会える人もいるだろうし、最初はなかなか会えない人もいると思います。
他のブログの体験談を読んでみる3,000円分のポイントがエッチできる平均のようです。
そこにホテル代を足して1万円前後になります。(地域や曜日による)

ナンパ

・デート代:7,000~20,000円
・ホテル代:5,000円

ナンパに関しては自分は経験がありませんので以下のサイトを参考にしてみました。

1回のセックスにかけるコストが2万円を超えたら負け。 大学生〜社会人のCPS(コストパーセックス)は7,300円〜2万円が妥当

記事内ではホテルを使わないと書かれているが、いきなり家に連れ込むのは難易度が高いのでここでは追加しておきます。
ナンパは個人差が大きく、お金よりもルックスやトーク力によります。


まとめ


エッチまでの各方法をメリット・デメリット、CPSについて見てみましたので、ここで簡単にまとめてみます。
どの方法が一番良い!ということはありませんので、自分に合った方法でエッチ体験をしましょう。


ルックス・トーク力に自信があるならナンパ!
自分が気になった女の子をターゲットにするので見た目のハズレはなし!!
拒否されても食事まで持って行け無ければムダな費用は一切発生しない!!
食事からエッチまで持っていくためのスキルアップが重要です!


お金に余裕があるなら風俗!
確実にそして即エッチが可能な唯一の方法がソープ!
相手に気を遣わず終始受け身でも問題ない!
終わった後の煩わしさもない!


コスパ最強は出会い系
ナンパも風俗もちょっと・・・という方は出会い系がオススメ。
初期投資も少なく、アタリを引くことが出来れば自分みたいにセフレを作ることも可能♪

pcmaxでエロ出会い系体験談みたいなことが出来た(・∀・)

セフレが出来ればその後はホテル代のみなのでコスパはさらに良くなります!

セフレが出来たサイト → PCMAX
他のサイトのチェック → おすすめ出会い系ランキング


オマケ

ソープよりも安く、そしてナンパよりも確実にSEXできる方法が、出会い系で知り合った子との援交である。
相場はだいたい15,000円~20,000円程度。
そこにホテル代が追加される。
上手く相手とマッチングすればソープより安く確実に本番が出来る

方法は出会い系のアダルト掲示板で知り合ったこと直接交渉するだけ。
間違っても出会い系の掲示板で直接援交の募集をしないように!!
最悪の場合、逮捕されてしまう可能性があります(´・ω・`)

オマケに最適 → ハッピーメール